10月17日 (水)
GII江戸川634杯モーターボート大賞

ホーム/過去データ/過去のレース結果/優勝戦結果

江戸川メルマガ会員ご招待カップ

2018年10月2日〜2018年10月5日
優勝者:4304藤崎 小百合(福岡)

「男女W優勝戦・第42回サンケイスポーツ杯」の最終日は、先に行われた男子の優勝戦(11R)に続いて、オーラスの12Rに女子の優勝戦が実施された。なお、水面コンディションは、北寄りのホーム側「向かい風」が「5m/s」前後に対して、順目の「下げ潮」が「20cm/s」という絶好の条件下でスタートが切られた。 レースの方は、トップS(0.13)で飛び出した藤崎小百合(5号艇)と、カド発進だった武藤綾子(4号艇)がいいダッシュを乗せてきた。スリット後に伸びた武藤が捲りで攻めたが、松瀬弘美(2号艇)の抵抗に遭った上に、落合直子(1号艇)も必死の応戦。そのため武藤は大きく飛び、インから先に回った落合の旋回もかなり膨れた。 その激しい競り合いによって1Mは「ガラ空き」となり、武藤マーク位置で“絶好の展開”が到来した藤崎が「捲り差し」から浮上。さらには、いち早く引いて差した寺田千恵(3号艇)も、バックストレッチの内側を伸び上がった。 藤崎は、続く2Mで内へ切り返した寺田を冷静に捌いて先行。最終の3周2Mでターンが漏れ、ゴール前は寺田に肉薄されたが、何とか先頭でゴール。寺田は2着惜敗。松瀬と笠野友紀恵(6枠)による熾烈な3着争いは笠野が制し、3連単の「5-3-6」は万舟決着(14,070円・41番人気)という“波乱”で幕を閉じた。 さて、冷静沈着なレース運びで「V」を飾った藤崎は、当地通算4回目の参戦にして、江戸川「初優出&初V」を達成。機歴的にはややパワー不足と思われた「57号機」を上位級まで押し上げた「調整力」は賞賛に値するとともに、「今節は以前より水面を乗れましたし、イメージが変わりましたね」と、江戸川に対する苦手意識も払拭できた様子だった。 その藤崎は、これで蒲郡・宮島に続く今年「3回目」の優勝。加えて、びわこで3月に開催された「G2レディースオールスター」でも“準V”と、今まさに充実期を迎えている。真夏の祭典(桐生・G1レディースチャンピオン)での活躍も楽しみだし、今の好ペースを保てれば、初の大一番(年末のG1クイーンズクライマックス)の出場も叶うはずだ!



12R  優勝戦


選手名 タイム
1号艇
.19
2号艇
.18
3号艇
.21
4号艇
.17
5号艇
.13
抜 き
6号艇
.21

藤崎 小百合
1'52"9

寺田  千恵
1'53"0

笠野 友紀恵
1'56"2

松瀬  弘美
1'56"3

落合  直子


武藤  綾子


払い戻し
2連勝単式

2,380円
3連勝単式
14,070円
2連勝複式

1,440円
3連勝複式
3,200円
備 考


払い戻し詳細 水面気象情報
単勝式 5
570円

天 候
くもり



波 高
5cm



複勝式
 
5
170円

風 向
北東
3
150円

向い風



風 速
5m






2連勝単式
5-3
2,380円
8
気 温
22.0℃



水 温
23.0℃
2連勝複式
3=5
1,440円
5
流 速
0cm



水 位

3連勝単式
5-3-6
14,070円
41
満潮時刻




干潮時刻

3連勝複式
3=5=6
3,200円
11
返 還



 
拡大
2連勝複式

3=5
310円
4
5=6
1,050円
14
決まり手
3=6
640円
10
抜 き






備 考