2月26日 (日)
第40回デイリースポーツ杯
2月27日(月) 第40回デイリースポーツ杯 5日目
 
ライブ映像  
PDFデータ
 

S強烈な稲田の1枠戦は単不動(6R&11R)!
予選の最終日だった昨日の4日目は、緩やかなホーム「追い風」が吹く絶好の水面コンディションでレースが行われた。潮回りも順目の「上げ潮」主体(1〜3Rは下げ潮)ということで捲りが利きにくく、内有利の条件となった。そのセオリー通り、上げ潮が強まった7R以降は、1号艇が「6連勝」とインが圧倒的に強かった(計8勝)。  一方、2つの準優勝戦が行われる本日の5日目だが、北もしくは北東からの「向かい風」が吹く見込み。それに対し、「下げ潮(順目)」となる1R〜4Rは好水面が期待できるが、逆目の「上げ潮」が入る6R以降は、潮位差の大きい「大潮」ということもあり、もし風が強まると水面がポチャつく可能性も…。ただ、前日の予報では、風速は「3m/s」ということで、極端な荒水面にはならなそうだ。  なお、同枠戦&準優勝戦を含めて、一見して「1号艇」が有利に映る番組が多い本日だが、昨日とは逆の「向かい風」予報ということもあり、波乱の余地はありそう。特に、敗者メンバーによる一般戦は、スリットのバラつきが出やすくなるコンディション。よって、S展示で「行き足&伸び」の気配をしっかりと把握した上で、舟券作戦を組み立てたいところだ。  さて、3日目を終えた時点で得点率トップに立っていた稲田浩二は、昨日の2走も「1着・1着」で連勝を“4”に伸ばし、断トツの予選トップ通過を決めた。依然として舟足は大して目立たないが「乗り心地の良さ」は不変で、旋回の挙動は極めて安定している。  また、「特訓で伸びでやられる人はいますけど、Sを行けば持つし、(そのSが)決まってますね」と兵庫支部の“スタート王”らしく、ハイレベルで仕掛けが決まっている。本日は6R(同枠戦)&11R(準優戦)の1枠で登場するが、ともに“頭不動”で、本命党にとっては力が入る2戦だ!  その稲田の対抗格となるのは、同じ兵庫支部の2枠・古結宏だろう。F持ちで過激なSは行けない立場だが、今節は冷静かつ頭脳的な立ち回りで、的確に捌けている印象だ。  「舟が向いてくれて、不安なくレースに行けるのがいいですね」と話す通り、古結は実戦足も完調。前・後半ともに手堅く絡んできそうだが、特に「上げ潮」が強い準優戦(11R)は、より確実に差してくる可能性が高い。  その他では、「伸びるほどではないけど、伸び寄りでまあまあ」の中里英夫(3枠)と、「細かい部分は調整したいけど、今のままでも戦える」と言う深井利寿(4枠)も好勝負可能で、この両者では深井の上昇度が光る。元々が“自力型”で、カドは気合が入るポジション。攻撃的な走りで、内枠の2者を脅かすシーンもあり得る。  残る外枠の中井俊祐(5枠)&金子賢志(6枠)だが、現状ではともに自力で攻めて行ける「伸び」を有していない。よって、カドの深井が攻めてくれないと、苦しい戦いになりそうだ…。  一方、7R(同枠戦)&12R(準優戦)の1号艇に構えるのは、“波巧者”らしい安定した運びで、予選を2位通過した北川幸典。今節は“ベタ水面”でも強さを存分に発揮しており、初日に施した本体整備によって「25号機」の機歴を覆す足に仕上がっている。  北川自身も「内(コース)向きにしているよ」と話しているように、直線はそう目立たないものの、回り足系統が良い。Sもしっかり行けているだけに、イン戦となれば好勝負は間違いない。  対して、地元最後の砦・中野次郎(2枠)も、尻上がりに調子を上げている。特に、3日目の後半から“直線系”が上向いており、北川と同様に、中堅級のモーター(70号機)を中堅上位クラスへと押し上げている。  さらに、中野が2コース戦を滅法得意としていることに加え、差しが利きやすい「上げ潮」基調というのも好材料。「Sは若干遅いですけど、遅れることはないと思います」とのことなら、前・後半ともにキッチリ舟券に絡んでくるはずだ。  その他の面々では、カド受け位置(3枠)の岡本猛の伸びが明らかに弱いのに対して、カド発進となる市川猛(4枠)が、エース機「18号」のパワーをフルに発揮している。市川本人も「直線は“節イチ”と言っても過言じゃないですね!」と自信満々で、スロー勢にとっては脅威の存在だろう。  ただ、自慢の“強伸び”を生かすには、全速Sを決める必要がある。元々、速いSは少ない市川だが、ここは腹を括って踏み込めるか!? 本日の2走は、まず自分との戦いになりそうだ。  その市川がカド捲りに出るようなら、外枠の中島真二(5枠)&君島秀三(6枠)にもチャンスが出てくる。ただ、「何をやっても、掛かりと乗り心地がこない…」と泣きが入る君島は、調整に苦戦気味。  一方の中島は、調整さえ合えば回り足はソコソコいい。本人も「市川さんがカドなら、 Sだけはしっかり行って、展開を突きます!」と笑顔。1Mがもつれるようだと面白い存在だけに、穴党ファンは前・後半ともにマークしておきたいところだ。
スペシャルな情報を
配信しています!
みなさんの「いいね!」
をお待ちしてます♪
美人実況アナウンサー・
田島美生のブログ
江戸川の話題を中心に、
更新していきます♪
ボートレース江戸川の
熱い闘いの記録!
フォトギャラリー
はこちらから
3/24(金)より開催
GIダイヤモンドカップ
特設サイトオープン!!
[津・桐生]3場連携企画
波乗り王決定戦クイズ
キャンペーンを開催!
只今ご応募受付中です