6月13日 (木)

ホーム/総展望

にっぽん未来プロジェクト競走in江戸川 / 6月16日〜6月21日

節全体の展望・注目の選手

★シリーズ核となるは古賀&小坂の同い年・94期コンビ!
 
 地元のA1主力級は寺本&前沢!大挙押し寄せる遠征陣を弾き返す!




4294
古 賀  繁 輝

4295
小 坂  尚 哉

4086
寺 本  重 宣

4366
前 沢  丈 史

4079
出 畑  孝 典

4069
山 本  修 一


6月16日(日)から「にっぽん未来プロジェクト競走in江戸川」が6日間・2準優制で開幕。

前節のA1級1名のみだった「江戸川番長決定戦」と打って変わって、今節は7名のA1級が参戦予定。加えて地元勢は9名のみでシリーズ出場選手の大多数を遠征陣が占める。

そんな中で古賀繁輝小坂尚哉の94期コンビがシリーズの核を形成。出場予定選手で当地通算勝率のツートップを張る同い年のふたり。僅かに勝率上回るのは小坂だが、近況の水面実績では古賀。昨年3回出場した当地では全て優出し2着が2回。豪快な走りっぷりは迫力満点。約4年振り当地参戦の小坂と切磋琢磨し躍動する。

地元を引っ張る主力選手は寺本重宣前沢丈史。このふたりに来期のA1復帰を決めている山田哲也も加わって遠征陣を迎え撃つ。当地V4の寺本・山田、V2の前沢で優勝回数上位を占める3人が覇権は譲らない。

その地元主力達を上回る当地通算勝率残す出畑孝典山本修一原田篤志。A1陣の間に割って入る平見真彦は前回当地の3月、V戦1枠乗艇も捲られて惜敗。リベンジVへ向けて人一倍に闘志燃やす。


(※出場予定選手・データは全て6月6日時点)